スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロウリーズ・ザ・プライムリブ大阪でランチを食べました。

結婚記念日と、嫁の誕生日祝いを兼ねて、大阪のハービスPLAZA・ENTにある「Lawry’s The Prime Rib,Osaka (ロウリーズ・ザ・プライムリブ 大阪)」にランチを食べに行ってきました。
一休のレストラン予約サイトでプランを見ていると、ディナーでは通常8,250円→4,950円(40%OFF)というお得なプランがあったのですが、ランチではお得なプランが無かったので普通に予約。


店内は天井が高く、アメリカンアールデコ調の開放的な空間です。全部で150席ほどが収容可能なダイニングで、ずっと奥の個室では結婚式が催されていました。
ロウリーズ・ザ・プライムリブ大阪(Lawry's The Prime Rib OSAKA)

予約した私達には、記念日用の利用ということでソファー席を用意していただいていました。
ロウリーズ・ザ・プライムリブ大阪のソファー席

ロウリーズのランチメニューは全てのメニューにサラダビュッフェ、デザートビュッフェ、コーヒーもしくは紅茶が含まれています。サラダバーにはサラダはもちろん、スープ2種、パン、グラタンが付いていまして、結構満足な品揃えです。肉食う前に食物繊維もとらなきゃ、とてんこ盛りに取って野菜を食べました。
ロウリーズ・ザ・プライムリブ大阪のランチビッフェ

野菜をもりもり食った後には、お待ちかねの肉~!ローストビーフ!
旨そうにローストされた肉が、テーブルの近くまで「シルバー」と呼ばれるカートに乗せられやってきます。焼き加減を聞かれますので、私と嫁は一番肉が美味しくいただける”ミディアムレア”でお願いしました。焼き加減を指定すると目の前で切り分けてくれます。
プライムリブのローストビーフの切り分け

嫁はランチ・カット(65g)での注文でしたが、私はもっと肉を食べたかったので、オーサカ・カット(140g)にしました。プレートの上にはローストビーフ、ヨークシャー・プディング、マッシュド・ポテト、クリームド・スピナッチ(ほうれん草とベーコンのクリーム煮)、クリームド・コーンが乗っています。ローストビーフは、付け合せの、すりおろしたホースラデッシュ(西洋わさび)か、ホースラデッシュ入りのホイップクリームと合わせて食べます。どちらも肉との相性が合っていて美味しく食べられました
ロウリーズ・ザ・プライムリブ大阪のオオサカ・カット
肉を食べた後には口直しに、フルーツを少し食べました。結構な量を食べる私でも、かなりお腹いっぱいになり、大満足のランチでした。

ちなみに、この店のウエイトレスさんは、コスチュームに特徴があって、後ろには大きなリボンをつけています。ディナータイムには、スピニングボウルサラダというメニューを頼むと、このウエイトレスさんがサラダボウルを文字通りスピニング(回転)しながら、歌ってサラダにドレッシングを和えてくれるとのコト。そんな”萌え”な演出を一度見てみたいので、またディナー時に来店したいと思います。
ロウリーズ・ザ・プライムリブのウェイトレスさんのリボン



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。